名古屋城の四季

----動画索引へ-----

名古屋城の四季

完成イメージ

名古屋城の一年は、1月2日の名古屋城初開門で始まります。 冬の花木では、サザンカ、ロウバイなどが開花します。 初春になると城内2か所の梅林で梅の開花を楽しむことができます。 3月下旬~4月上旬のソメイヨシノやシダレザクラの開花にあわせて桜まつりが行われ、おおくの見物客でにぎわいます。 また、ライトアップされた夜桜見物も人気です。

完成イメージ

新緑の季節を迎え、名古屋城内の木々の緑が天守閣を いっそう引き立てます。 初夏になるとアジサイやハナショウブが、咲き誇り夏の 訪れを知らせます。
8月中旬には、名古屋城宵まつりが行われ、鉄砲隊の演武や イベントがおこなわれ、また城内に出店された飲食ブースで 来城者が夏の夜を過ごします。

完成イメージ

秋になると、菊人形&菊花大会が開かれます。 2013年には正門に「本丸御殿御成就 春姫お 輿入れ」 と題して菊人形2体が展示されました。 また、キンモクセイが小さな花を無数に咲かせます。 秋も深くなると紅葉の季節です。 紅葉を背景にした天守閣の姿に冬の訪れを感じます。

OJhEKTD12WA