名古屋城古武道大会 2014年5月5日

名古屋城古武道大会 2014年5月5日

2014年5月5日、恒例の名古屋城古武道大会(主催:日本伝統武道協会)が雨のなか開催されました。弓道と居合道は、屋外で開催されましたが、雨脚が強くなり会場を愛知県体育館第2競技場に変更開催し無事終了しました。

日本の古武道解説

日本の古武道は、平安末期から鎌倉時代、室町期にかけて、自分の身を守る「護身術・闘争術」として生まれました。その後、徒手によるものは柔術を中心に、武器を用いるものは剣術を中心に発達し、武術隆盛の江戸末期には、各藩内のみに秘伝された「御留流」を中心に、弓術五十二、剣術七百十八、槍術百四十八、柔術百七十九もの流派があったと伝えられています。 明治期以降は、廃刀令が出されて武士階級が崩壊し、新政府が近代的な軍制を採用したこともあり、伝承の危機に瀕しました。そんな時代の変革期にあっても、歴史と伝統に支えられた気概のある流派は努力研鑽を重ね、混乱の昭和期をも乗り越えて、今日までその道統を守り、古武道の技と心を伝えてきました。(日本古武道協会HP抜粋)


その他サイト内関連記事

名古屋城本丸御殿公開1周年祭 2014年5月24日-6月1日

木曽川鵜飼実演-名古屋城西之丸広場5月3日

第二十回 春姫道中(熱田~名古屋城)

御三家が揃う 名古屋城梅まつり2月21日~23日

十二単(ひとえ)着付けショー・体験2月23日

名古屋城天守閣 特別陳列「武器武具大百科」1月18日~3月8日

グレート家康公葵武将隊 in 名古屋城2月9日

「オカザえもん」と「わん丸君」が名古屋城1日PR奉行に就任2月9日

あいち戦国姫隊 演舞 豆まき 2014年2月3日

2014年名古屋城初開門

-詳しくは、紹介映像をご覧ください-

名古屋城古武道大会-主催:日本伝統武道協会(4min40sec)

q-YCOPZSRUI