伝統技術の伝承!木工事

索引へ戻る

名古屋城本丸御殿の復元工事が進んでいますが、本丸御殿建築の工事過程には様々なものがあります。本丸御殿復元の1つのテーマでもある「伝統技術の継承」は、この工事過程のなかで着実になされています。このコーナーでは、木工事の様々な行程を映像で紹介しています。


詳しくは下記の解説と関連映像(解説下)をご覧ください

本丸御殿木工事の流れ

礎石の据え付け

礎石の据え付け

礎石の据え付けは、位置決めを行い、礎石を固定する作業です。礎石天端(てんば)の据え付け高さをレベル(計器)を使って確認します。楔(くさび)で礎石の位置と高さを調整、自然石は表面が一定でないため、中心で高さをを確認します。礎石と耐圧盤(床)との間にできた隙間(約4cm)のところどころに割石を飼い込み、割石を芯にして石材固定急結セメントで礎石の隅を固定します。次に礎石の形に合わせ、鉛テープを型枠として使用し、礎石中央の穴から無収縮モルタルを流し込みます。養生マットで覆い、湿った状態を保つながら数日間養生した後、型枠を解体します。

ひかり付け

ひかり付け

型板を巻いた柱模型を礎石に乗せ、コンパスを用いて、礎石表面の形状を型紙に写し取ります。印に沿って型紙を切り取った後、礎石に乗せて型が取れているかを確認してゆきます。型取りは、柱の外周だけでなく内側についても行います。
木材加工場では、礎石の形状に合わせ 柱下面を彫る作業が3時間程かけて行われます。

軸組み(表書院)

軸組み(表書院)

はじめに軸組みを行います。柱の足元には地覆(じふく)を取り付けます。柱や地覆にはひかり付けが施され、礎石表面の形状に合わせて納めていきます。つぎに、柱と差鴨居(かもい)の 組み立て作業に移ります。柱のホゾ穴に差鴨居をとおし、継手-竿車知継(さおしゃちつぎ)という継てにより、差鴨居を納めます。これで、柱と差鴨居が納まります。

小屋組み(表書院)

小屋組み(表書院)

小屋組みは、屋根の形をつくる工程です。太い丸太の小屋ばりの上に小屋束・小屋貫などの部材を組立てます。小屋貫を小屋束の貫穴に通します。小屋束と小屋ばりとの仕口(しぐち)は、送り蟻継ぎ(おくりありつぎ)で結合されます。仕口は、部材を接合する部分や方法を意味しています。送り蟻継ぎは、小屋束先端の「蟻ホゾ」を小屋ばりの「逃げ穴」に差し込んだあと、「蟻穴」にスライドさせて接合する工法です。引張り力に抵抗する力を増します。

桔木(はねぎ)の取付け

桔木(はねぎ)の取付け

桔木(はねぎ)は、テコの原理を使い軒の荷重を支える役目を果たしています。まず桔木の支点となる土居桁(どいげた)を桔木に合わせ調整する加工を行います。桔木の先端にホゾをつくり、その相手となる軒先の茅負(かやおい)にホゾ穴を彫ります。桔木がしっかり納まるまで、何度も調整を繰り返すと、軒廻りの桔木が取付け作業が完了します。

野垂木・野地板の施工

野垂木・野地板の施工

野垂木は屋根を支える構造材、母屋(もや)に取付けられます。野垂木の上に、野地板が取り付けます。野地板は、屋根の下地材で杉板を使用します。

地垂木の取り付け

地垂木の取り付け

配付(はいつけ)垂木は、化粧隅木に取り付く地垂木で、化粧隅木にホゾ穴を彫り作り差し込みます。つぎに地垂木と木負(きおい)を固定、地垂木の木口(こぐち)の長さを調整します。地垂木の上には化粧小舞が付き、その上に化粧裏板を取付けます。化粧裏板は、軒先の見えるところに使われる部材で、幅30cm厚さ9mmの、ヒノキ材を使用しています。

飛檐垂木(ひえんだるき)

飛檐垂木(ひえんだるき)

飛檐垂木は、軒先を見上げた時、きれいに並ぶ垂木のひとつ。まずヒノキの角材に型紙を用いて、飛檐垂木の形を墨で書き、やや大きめに製材したあと、カンナ仕上げで寸法を整えます。型枠にはめて、垂木の下面にカンナ掛けしたのち、型枠を替え、垂木の上面にカンナ加工をほどこします。つぎに、木負接合部分の加工に入ります。墨線に沿って切り込みを入れ、接合部分を削り落して細部を仕上げます。桔木吊金物の貫通穴を作り、最後に横幅を整え、最後に角を面取り加工を行います。軒先に現れる部分は、先端ほど細くなっているのが特長です。

鴨居の加工と取り付け

鴨居の加工と取り付け

玄関と表書院をつなぐ大廊下の鴨居の作業工程を説明します。まず鴨居と吊束とを固定するほぞ穴の加工を行います。また、鴨居を固定するための部材篠竹の加工も行います。部材の加工が終わると取り付けに入ります。鴨居のほぞ穴を、つり束のほぞ穴に合わせ、篠を、つり束の蟻ほぞ横の隙間に差し込み鴨居を固定します。

根太(ねだ)の加工と取付け

根太(ねだ)の取付け

根太は、床板を受ける部材。大引に根太を取付ける仕口の渡り腮(あご)の加工を行います。 床板の下は、礎石、床束、大引、根太の順に組まれ行き、根太を取付けが終わると、床板が置かれ畳が敷かれて完成します。

破風板の加工・取り付け(中之口部屋)

破風板の取り付け

破風板は、大きなヒノキの板材を使用します。まず、破風板の表面に眉じゃくり(眉形の彫刻)を行い2本の「眉」が彫り込みます。表面加工が終了すると、裏面に破風板を取り付けるための加工を施す作業を行い取付け作業に進みます。破風板は入母屋の妻部分に取り付けられます。拝みと言われる破風板の頂部を納め、最後に仕口部分に落し蟻を取り付け、車知栓(しゃちせん)を打ち込み固定します。

懸魚(げぎょ)

懸魚(げぎょ)

懸魚(げぎょ)は、建物の妻飾りで、破風板の下に装飾として取り付けられる彫刻が施された板のことです。表書院の懸魚は、三花(みつばな)という形状で、下・左右の3か所に同じ形の装飾がされています。左右に鰭(ひれ)と呼ばれる葉形の模様の装飾が付いています。中之口部屋の懸魚の中央には、六葉(ろくよう)という飾りが付ています。懸魚は、防火のまじないとして、水に縁のある魚の飾りを屋根に付けたのが起源とされています。

索引へ戻る