徳川御三家ー紀州藩(和歌山市)

徳川御三家-和歌山市の紹介

中世の和歌山は、「雑賀孫市」のふるさとです。城下町が開かれる以前の現在の市街地が、雑賀と呼ばれていました。しかし、自由な雑賀の人々も天正13年(1585)に全国制覇を目指す豊臣秀吉に征服されます。秀吉は、この地を支配するために和歌山城を築きます。関ケ原合戦後浅野家が紀州に入国し、豊臣家滅亡後の元和5年(1619)には、徳川家康の第10子徳川頼宣が55万5千石を領して和歌山城に入ります。以後、和歌山の町は、江戸幕府御三家の紀州徳川家の城下町として栄えます。
町は、城を中心に広がり、かつて雑賀と呼ばれた地には、新しい町名が付けられました。街には「大水道」と呼ばれる下水道設備が完備しており、紀州徳川家55万5千石の富みが集積されていました。江戸後期には約9万人の人口を擁する全国8位の近世都市でした。
この街からは、文人画の祖・祇園南海、国学の泰斗本居宣長をはじめとする近世文化をリードした 多くの文化人も輩出しました。
(和歌山市HPより抜粋)

和歌山市の史跡と観光

和歌山城 和歌山市一番丁

和歌山城

こんもりと緑茂る虎伏山(とらふすやま)に白亜の天守閣がそびえ、御三家の 威容にふさわしい風格を醸し出しています。和歌山城は、天正13年(1585)に 紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。その築城を 担当したのが、築城の名人藤堂高虎(とうどうたかとら)でした。 まず、秀長の城代として桑山重晴(くわやましげはる)が入り、慶長5年(1600)には、 関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長(あさのよしなが)が入城。 そして、元和5年(1619)には徳川家康の第10男・頼宣(よりのぶ)が入城し、 紀州55万5千石の城となり、以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、 長い歴史を刻んできました。

紀州東照宮-和歌浦西2-1-20

紀州東照宮

青石を敷きつめた参道は緑のトンネルになっていて昼でもなお薄暗くひんやりとしています。 これから向かう東照宮との対面にわくわくと胸がときめいてくるのを覚えます。 参道を過ぎると、目の前に急な階段、108段の「侍坂(さむらいざか)」が待っていました。登りつめると、朱塗りの楼門。振り返ると、深い木立の間から、夕暮れ近い和歌浦の海が金色に きらめきながら茫洋と広がっています。 まるで1枚の絵を見るような錯覚に襲われ、しばし時間を忘れて見入っていると、隣に同じように 海に見とれている人がいました。 きっと誰もがみな同じ思いを抱くものなのでしょう。

和歌浦天満宮-和歌浦西2-1-24

和歌浦天満宮-和歌浦西2-1-24

紀州和歌山は、「木の国」とも書き表されるように、緑豊かで、明日への夢広がる国です。
県北を東から西へゆっくり流れ下る紀ノ川の河口には平野がひらけ、その平野部の南端の 和歌浦湾に望む小高い天神山の中腹に和歌浦天満宮は鎮座しています。その昔、紀ノ川はこの 和歌浦湾に注いでいました。神亀元年(七二四)奈良の都を出発した聖武天皇の一行は紀ノ川を下り、 この和歌浦湾に御幸されました。そこには都で見ることができない海の風景が広がっていた ことでしょう。その頃の和歌浦には島々が玉をつらねるように点在し、潮の満ち干きによって変化する、 千潟の風景や、葦原と群れ遊ぶ水鳥、水面に写る陽の輝きなど、きっと感動的な景色であったに 違いありません。その時同行した宮庭歌人がたくさんの歌を詠んでいます。

不老橋-和歌浦中3丁目4

不老橋-和歌浦中3丁目4

不老橋は、片男波松原にあった東照宮御旅所の移築に際して紀州藩10代藩主であった 徳川治宝(橋が架けられた当時は13代藩主徳川慶福の治世中)の命により、嘉永3年(1850) に着工し、翌4年(1851)に完成したアーチ型の石橋です。この橋は、徳川家康を祀る東照宮の祭礼である和歌祭の時に、徳川家や東照宮関係の人々が 御旅所に向かうために通行した「お成り道」に架けられたものです。

観海閣と和歌の浦干潟-和歌浦中 3-4-28

観海閣と和歌の浦干潟-和歌浦中 3-4-28

観海閣(復元)は、頼宣が慶安年間(1648~1652)に木造の水上桜閣として建立したもので、対岸の 紀三井寺と対面しています。 古来より、多くの歌人がその景観を詠った「和歌の浦」。平成22年(2010)8月5日、国名勝に指定され た和歌山市を代表する景勝地です。風光明媚な景観は、いまなお、訪れる人の心を癒します。 観海閣は、紀州藩主・徳川頼宣が水上楼閣として建てたと伝えられています。

片男波海水浴場-和歌山市和歌浦南

片男波海水浴場-和歌山市和歌浦南

歴史のある片男波にできた総延長1,200mの人工海浜。白砂の浜,青い海,青い空,降り注ぐ 太陽のひかりに加えて白壁のモダンなビーチハウスが雰囲気を盛り上げ,海水浴期間には 数十万の人々で賑わいます。まさに真夏のホットスポットといえます。

紀三井寺-和歌山市紀三井寺1201

紀三井寺-和歌山市紀三井寺1201

この寺は、宝亀元年(770)、唐の僧為光(いこう)上人によって開かれました。和歌山城からほど 近いところにあるため、歴代藩主が訪れ、紀州徳川家の繁栄を祈願した寺です。宝歴年間(1751~1764)に本堂を新築。その本堂のなかには10代藩主治宝(はるとみ)が寄進した 多宝塔が安置されています。本堂横の入口、霊宝堂のなかには、治宝直筆の掛軸、一休和尚の額、その他、西国三十三箇所の絵図 などが多数展示してあります。 また、六角堂は、西国三十三箇所を巡礼するのに等しい功徳があると伝えられ、他府県からも たくさんの人が年中途切れることなく参拝に訪れています。

番所庭園-雑賀崎629

番所庭園-雑賀崎629

この狭日鹿の浦は、現在の和歌山市街の南部、天神山北方の西浜一帯から、雑賀崎にかけての 海のことをさしています。 その雑賀崎から西、鼻のように突き出て見えるのが、文字通り番所ノ鼻です。ここは藩政時代、 黒船の見張り番所が置かれていたところ。 現在では庭園となり、人気の観光スポットです。 やはり突き出たお鼻から見る景色は最高です。

ポルトヨーロッパ(マリーナシティ)-毛見1527

ポルトヨーロッパ(マリーナシティ)-毛見1527

地中海の港町の情緒がただようテーマパークです。3つに分かれた建物は、スペインの古城・イタリアの港町の漁村・フランスの伝統的な 街並みをモチーフに設計されています。 また、アトラクション施設や遊園地・レストランもあり、イベントが盛りだくさんです。

淡嶋神社-和歌山市加太

淡嶋神社-和歌山市加太

雛流しの神事で有名なの拝殿には所狭ましと人形がぎっしりと並んでいます。 幻想の世界が目の前に広がり、神秘的な雰囲気に呑まれそうになります。 ここは薬の神様とされる少彦名命(すくなひこなのみこと)を祭神とし、婦人病や安産祈願など 「女性のための神様」として、昔から信仰を集めております。

友ヶ島-和歌山市加太

友ヶ島-和歌山市加太

紀淡海峡に浮かぶ南国の別天地、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。 沖ノ島には、要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在。それらをめぐるハイキングコースも開かれています。 純白の姿がコバルトブルーの海に見事に映える洋式灯台、第2砲台跡をはじめ、展望台、第3砲台跡、 桟橋をめぐって約1時間30分。風光明媚な散策コースとしても人気があります。 島内中央部の深蛇地では、湿地帯植物が群生しており、約400種もの植物を見ることができます。 植物に興味のある方は是非いちど、足を運んでみてください。 また、古い歴史をもつこの島は、役の行者に始まる修験道にまつわる史跡や行場も現存します。 夏場は家族連れでの磯遊びやキャンプなどに最適の島です。

外部リンク-和歌山市観光協会 公式HP


その他のサイト内関連ページ

名古屋城の歴史

名古屋城天守閣展示案内地階~2階

名古屋城天守閣展示案内3階~7階

名古屋城内史跡案内

名古屋城の四季

徳川御三家ー水戸藩(水戸市)

徳川御三家ー尾張藩(徳川園)

掲載映像

①徳川御三家ー和歌山市をめぐる(1min47sec)

②徳川御三家ー名古屋城に勢揃い(1min53sec)

③和歌山市観光PRビデオ(15sec)

v0rvmOh86IM,ap_xUTiKvD0,JnN4egRcUEk