名古屋城の石垣

名古屋城の石垣について

慶長15年(1610年)閏2月下旬から、助役大名は、土工事(堀の開削、盛り土)に取りかかりました。各大名は、工期を守るだけでなく、他の大名に遅れをとらないために、幕府が示した基準をはるかに上回る資金と人員を投入しました。 また、土工事が進む一方で、石垣用の石材の調達も緊急の課題でした。岩崎、赤津や篠島など尾張、美濃、三河、伊勢の近在はもとより、遠く紀伊、摂津、播磨、讃岐(小豆島)、肥前(唐津)にまで及んだといわれています。
遠方で切り出された石は、石船とよぶ大きな船によって海路を熱田まで運びました。そこからの陸路は、修羅と呼ぶ木橇に石を載せ、丸太の上を転がしながら普請場まで何百、何千もの人夫が引いたと言われています。 各大名は、5月には普請場近くの石寄せ場への石の運び込みを終えています。
石引にまつわるエピソードがあります。石引きの途中、修羅から落ちた石は、落城につながると言って嫌いました。そのため、その石は石垣に使うことはなく、その場に放置したそうです。 また、加藤清正は、美しく着飾った小姓とともに大石の上に乗り、綱引きの人々をはやし立て、見物人に酒を振る舞ったと伝えられ、清正の石引きとして有名です。これは、大阪城築城の際の秀吉の故事に倣ったと言われ、秀吉を慕う清正の思いがうかがわれます。
普請場では、土工事が6月には出来上がり、休む間もなく石垣の基礎となる根石置きが始まりました。 そして、石垣は大勢の人夫を使ってまたたくうちに積み上がっていきました。積み始めから3ヶ月も経たない8月27日に、加藤清正は天守台を完成させています。 そして、他の大名の分担場所も順次完成し、12月には、本丸、二之丸、西之丸、御深井丸のほとんどの石積みが完了するという驚異的な早さでした。
大名は、普請が終わり次第帰国しました。加藤清正は、熊本への帰国の際、大坂城で豊臣秀頼に拝謁しています。名古屋城の普請を終えた清正の胸中はどのような思いで満たされたのでしょうか。
(名古屋城HP記載)

詳しくは下記の解説と関連映像(解説下)をご覧ください


石垣の構造

石垣の構造

石垣の構造は、表面に見えている大きな石を築石(つきいし)と呼び、長さが1m前後あります。築石の内、最下段のものを根石、最上段のものを天端石(てんばいし)と呼びます。 築石のすきまには間詰石(まづめいし)という小さな石が入れられます。 築石の上下は介石により調整され、据え付けられています。

石垣の内部

石垣の内部

築石の背後には径0.3~0.5mほどの栗石と呼ばれる裏込が、本丸搦手馬出は2mほどの幅で入れられて います。この栗石により水はけがよくなり、築石へかかる圧力を緩和して崩落を防ぎます。 栗石の背面は土となっています。 石垣の角 石垣の角の部分は、築石と違い、直方体状に加工した特に大きな石が使われ、算木積(さんぎづみ)と いわれる方法で石が積まれています。

石垣の角石

石垣の角石

石垣の角の部分は、築石と違い、直方体状に加工した特に大きな石が使われ、算木積(さんぎづみ)と いわれる方法で石が積まれています。

石垣の種類

石垣の種類

城郭の石垣の種類は大きく分けると、石の加工度合い(「野面」「打込接」「切込接」の3種類)と 石の積み方(「乱積」「布積」の2種類)の組み合わせから6つに分類されます。名古屋城で見られる 石垣は「打込接」「乱積」の石垣が主体となります。。

石垣の刻印

石垣の刻印

名古屋城の石垣工事は、天下普請の助役大名に分担させ、材料を各地から苦労して取り寄せました。 貴重な石材の盗難や紛失から防ぐため、石材に「刻印」を刻み他の大名家と区別しました。

石垣の墨書(ぼくしょ)

石垣の墨書(ぼくしょ)

表面からは見ることができませんが、墨書は文字や数字、記号などが見られます。 作業者の名前や作業位置などが書かれていると言われています。

矢穴

矢穴

矢穴は石を切り取る際に彫られた穴のことで、切り取る線に沿って矢穴を彫り、彫られた矢穴に 「ヤ」を打ち込んで石を割ります。 篠島では加藤清正が名古屋城の石垣を築くため、たくさんの石を名古屋城へと運んだと伝えられており、 現在、約300の矢穴石が篠島に残っています。

その他サイト内関連リンク

名古屋城の整備計画

二之丸庭園の保存整備

掲載映像の紹介

①名古屋城の石垣(3min58sec)

名古屋城総合事務所の市澤学芸員が、名古屋城の石垣について解説しています。

①名古屋城本丸搦手石垣工事現場見学会(5min35sec)

2014年1月12日、名古屋城本丸搦手石垣修復工事の現場見学会が行われました。普段は工事のため 立ち入り禁止となっている、本来は濠の一部になっている工事現場で、名古屋市職員や学芸員が、解体された石の前で石の刻印や墨書、矢穴や復元工事の説明を行い、一般募集された参加者が熱心に聞き入りました。

T8BpB3ZlpbU,j2xT8qIgpy8