名古屋城本丸御殿2期公開 解説と動画

名古屋城本丸御殿2期公開を語る 西野名古屋城総合事務所長

第1期公開では表書院と玄関がオープンしましたが、大名など外部の来客と藩主が対面する場所です。今回公開したのは、対面所・下御膳所で藩主が親類などと会食したりくつろいだりする場所なので表書院と玄関などとは、イメージが違います。

障壁画なども玄関に描かれている虎の絵のようにいかめしいものでなく、対面所には風俗画など気持ちが安らぐ障壁画が描かれています。第1期公開部分とは違った一面を見られると御好評を頂いています。

本丸御殿の建築過程を素屋根に設置された見学通路からご覧いただけます。工事の関係もあり、水曜日と土・日・祝日に公開しています。あわせて木材加工所では、本丸御殿建築に使用する木材の加工工程をご覧板だけます。こちらは、日曜日を除く毎日公開しています。

名古屋城本丸御殿復元工事の特長は、建築過程を来城者に公開していることです。完成された部分と建設途中の部分を見学できる期間も、あとわずかですので足をお運びいただければと思っています。

詳細は未定ですが、孔雀之間の一般貸出の計画や秋のミュージアムショップ開設などを進めています。

PCX1PtC-qjs