二之丸庭園の保存整備

名勝 二之丸庭園の整備

二之丸御殿の北側に造られた名勝 二之丸庭園(北御庭)の 整備が本丸御殿復元に向けて進められている。 元和年間(1615~23)に二之丸御殿の造営にともなって 同御殿の北側に造られた庭園です。 明治時代になって、二之丸庭園の東側は取り壊され 陸軍の兵舎や練兵場が作られました。現在は二之丸東庭園 として開園しています。

詳しくは下記の解説と関連映像(解説下)をご覧ください


二之丸御殿

正門

本丸御殿が完成して、しばらくは藩主の住居として使われましたが、将軍上洛時の御成御殿として使用することになりました。二之丸に新たに広大な敷地を持つ御殿が新築されて、藩主の住居とともに政庁が置かれました。明治維新を迎えて陸軍の所轄となり兵舎等の建築のため壊されてしまいました。

名勝 二之丸庭園(北御庭)

正門

元和年間(1615~23)に二之丸御殿の造営にともなって同御殿の北側に造られた庭園です。享保年間(1716~36)以後、たびたび改修され、枯山水回遊式庭園に改められました。平成30年(2018)本丸御殿が完成するのにあわせて名勝指定区域(北御庭)の石組の積み直し、植栽の整備、削られた築山の復元を行う予定です。

二の丸茶亭

正門

戦前までは陸軍の将校集会所のあった跡地に建築されました。二の丸茶亭は、由緒ある二之丸庭園にふさわしい風格をもち、現代様式のなかに古典美を生かした建物で素材も木曽の桧が用いられ、点茶のための座敷および水屋などが造られています。

二之丸東庭園

正門

二之丸庭園は、文政年間(1818~29)に大改造されました。西隣にある現在の 「名勝 二之丸庭園」とともに、藩主常住の二之丸御殿の庭園を形成していました。「御城御庭絵図」によれば、北に権現山、その西に栄螺(さざえ)山を配し、南に大きな池を設け、その間に六つの茶席を点在させるなど、広大な規模の庭園でした。 明治維新になって、名古屋鎮台(のちの第三師団)が置かれ、陸軍の兵舎や訓練場を 作るため権現山の南側を削ったり、池を埋めるなどしました。昭和50年(1975)、 絵図に基づいて一部の発掘調査を行い、それで現れた北池、南池、茶席の霜傑(そうけつ)亭跡、北暗渠(埋設あるいは蓋をした導水路)の四つの遺構を中心に整備して「二之丸東庭園」 として開園しました。

その他サイト内関連リンク

名古屋城の整備計画

名古屋城の石垣

掲載映像の紹介

①二之丸庭園整備計画(2min21sec)

名古屋城総合事務所の小幡主幹(事業調整担当)が、二之丸庭園の今後の保存・整備計画を 説明しています。

②涌井史郎氏講演「”いなし”の文化」-西之丸展示館にて(9min5sec)

「愛・地球博」の会場演出、総合プロデューサーを務めた涌井史郎氏(東京都市大学教授)による日本の庭園についての講演「“いなし”の文化」が、西之丸展示館で行われました。そのダイジェスト映像。

i6Yo7chlwOY,6FvxTUGKUog