尾張藩初代国母 春姫様、和歌山へ里帰り

春姫、400年振りの里帰り

紀州初代藩主 浅野幸長(あさの よしなが)の娘として生まれた春姫が初代尾張藩主徳川義直に嫁いでから来年で400年を迎える。これを記念して毎年4月に春姫道中を開催している名古屋城文化フォーラム(夢童由里子代表)が和歌山市に呼びかけてこの企画が実現した。2014年12月6日朝、名古屋城正門に集合、河村たかし名古屋市長と大村秀章愛知県知事から尾花正啓和歌山市長と仁坂吉伸和歌山県知事宛ての親書が夢童代表に託された。 和歌山城の天守閣前広場で親書が手渡されたあと、里帰りを記念するイベントとして、第二十代春姫山田梨紗子さんが振り袖姿で和歌山と名古屋の末長い友好を願い琴の演奏を披露した。

尾張初代国母 春姫、和歌山へ里帰り

ZqJiokqnZm8